zozoがまだクラウンジュエルといっていた頃から、不要になった服はそちらに売っています。 買取価格

zozoがまだクラウンジュエルといっていた頃から、不要になった服はそちらに売っています。

当時はまだそれほどインターネットでやりとりができる買い取りサービスがなかったので、集荷を依頼する→段ボールが届く→そちらにつめて集配依頼→見積もり査定→売るか返却か廃棄かを選択 ・・・という一連の流れは、とても便利で画期的に感じました。

送料など一切費用がかからなかったのも助かりました。自分でヤフーオークションなどに出して、商品撮影から、やりとり、通帳確認、梱包などするよりも、よほどラクで安心です。

ただし、有名ブランド(※百貨店に入っているブランド)で、それほどダメージのないものでも買取額は安くて、たとえばSACRAのあまり流行関係ないニットでも2000円、kate Spadeのワンピースでも2500円程度とほとんどが半額以下でしか売れなかったことを憶えています。

少しほつれはありましたがギャルソンのスカートでさえも4000円いかなかったんじゃないでしょうか。また、コンパーニア・イタリアーナなど百貨店に入っているのに、ここ数年であまり人気がなくなってきたブランドについては、状態がいいものでも買い取り不可となりました。

でも当時はブランドは選りすぐっていたので、服を売って、またzozoでハイブランドを安く手に入れる楽しみがありました。zozoになってから買い取りブランドの幅が広くなり、アースミュージックやnico and、ジーナスなど、かなり安い価格帯のイオンに入っているような、若い子向けのブランドも扱うようになってからは、売れる服は多くなりましたが、買い取り額は全体的にますます下がったように感じます。

また、以前に、zozoで購入した衣服については、下取りといって一定の価格で引き取ってもらうことも、購入金額からその金額分割り引いてもらうこともできるようになりました。…が、これもかなり安く設定されていて数百円のことがほとんどです。

最近はメルカリという簡単なフリマアプリも始め、当然ですが自分で売る値段を設定できるためzozoより高く売れるのでzozoの利用頻度は減りました。

しかも、zozoの画像だけは、プロが撮っているのかいないのか分かりませんが、素人のオークションやフリマアプリよりも鮮明でキレイでそこが良かったのに、最近では、新品のモデル着用画像を持ってきて「※画像は新品ですが、実際の商品は古着です」などと書かれているので、状態を確認することも困難になりました。

クラウンジュエルの頃から、愛用してきたので残念ですが、今後はますます利用する機会は減りそうです

高額査定ランキング

関連記事

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です